ベビ待ち・妊娠初期にビタミンaが必要な理由とは?

ベビ待ち・妊娠初期にビタミンaが必要な理由とは?

過剰摂取は良くない?

妊娠初期から、積極的に摂取したほうがいい栄養素は決まっていて、摂取量も決まっています。
ビタミンaも厚生労働省から接種を推奨されているので、妊娠中にも摂取すべき栄養素と言われています。

しかし、ビタミンaに関しては摂取する量を巡って、賛否が大きく分かれているのをご存知でしょうか。
実はビタミンaの過剰摂取が妊娠中には大問題だと言われ、赤ちゃんが奇形につながるといった報告もあります。

厚生労働省が推奨しているにもかかわらず、どうして過剰摂取が問題視されているのか、わからない人が多いと思います。
ビタミンaは赤ちゃんの発育をサポートするために重要だと言われているのに、奇形につながるとはどういうことでしょうか。

ビタミンaは2種類ある

摂取が進められているにもかかわらず、過剰摂取が問題になっているビタミンaには次のような特徴があります。
ビタミンaは2種類あり、動物性由来のレチノールと植物性由来のベータカロチンがあります。

過剰摂取が問題になっているのは動物性のレチノールのほうで、体にたまりやすいことからそう言われるようになったのです。
レチノールは水に溶けにくく油に溶けやすい性質があり、過剰摂取すると体内に蓄積されるようになっています。

蓄積されやすいレチノールにより、赤ちゃんに奇形の影響を与えるということがあるのです。
植物性のベータカロチンは過剰摂取しても問題なく、必要な量以外の栄養素は体外に排出されるようになっています。
体内に蓄積されることは少ないので、ビタミンaを摂取するときは積極的にベータカロチンのほうを摂取しましょう。
緑黄色野菜に多く含まれているので、妊娠初期からはカボチャやニンジンなどから摂取するといいでしょう。

妊娠初期からどのくらい摂取すればいいのか?

ビタミンaは主にベータカロチンを中心に摂取していくといいでしょう。
妊娠中は1日あたり670μgが適量で、上限は1,500μgと言われています。
3か月以内の妊娠初期なら、1日3,000μg以上のビタミンaをとらないことがすすめられており、妊娠を希望している人も適量の摂取がいいとされています。

レチノールは控えたほうがよく、特にレバーや肝に関しては含有量が多いので、妊娠中は食べないことをおすすめします。
レチノールを絶対に摂取してはいけないというわけではなく、頻繁に食べずたまに食べる程度であれば、問題はないでしょう。
レバーなどを1度食べたからといって、すぐに赤ちゃんに影響が出るわけではないので、過剰に反応する必要はありません。
効果的にビタミンaを摂取するなら、サプリメントや野菜ジュースも利用することで、必要な摂取量は補えます。