妊娠初期・ベビ待ち 流産の乗り越え方

妊娠初期・ベビ待ち 流産の乗り越え方

妊娠初期の流産はどのように表れるのか?

妊娠初期の段階で流産してしまうことは少なくないもので、兆候は様々な症状で現れるようになっています。
つわりが急になくなったことに気づき、その時に流産していたことがわかるといった事例は多いです。
少量または多量の不正出血も、流産の兆候として有名で、生理痛に煮た腹痛や腰痛でも流産の兆候として表れることがあります。
妊娠初期の流産は、痛みの自覚がない状態で不正出血になることが多く、そうなれば医師の診断を受ける必要があります。
流産はお腹の痛みから知ることを想像しますが、妊娠初期の表れ方はちょっと違うようです。
不正出血があっても逆に流産ではなかったということもあるので、不正出血に気づいたらすぐに病院などに行きましょう。

妊娠初期から流産を予防するにはどうすればいいのか?

自分が流産するんじゃないかと心配しているのなら、妊娠初期から流産を予防していくしかありません。
流産のリスクを最小限に抑えるために、様々な予防方法を行えば、妊娠初期の流産への不安がなくなるでしょう。

赤ちゃんの成長には葉酸が必要なので、きちんと葉酸を摂取していればその対策になります。
普段の食事からでは葉酸の摂取は難しいので、サプリメントで補うといいでしょう。
妊娠中にたばこを吸うと早産や流産のリスクを高めてしまうため、妊娠中はたばこを控えることも大事です。
たばこを吸うと、生まれてきた子供の成長にも影響するので、なるべく避けるようにしましょう。

流産を避けるためには体を冷やさないようにすることも大事で、子宮内膜の血流をよくすることが大切です。
胎盤から赤ちゃんに栄養が送られるので、子宮内膜を冷やさないように腹巻きやカイロなどを用意しておきましょう。

流産への不安を乗り越えるためには

妊娠中はいろいろと不安を感じやすくなるので、もしかして流産するんじゃないかというような不安を感じないようにすれば大丈夫でしょう。
日ごろから自分自身の気持ちを安定させて、不安を感じることを少なくすれば、前向きな考え方になります。
妊娠に対して悩みがあれば、溜め込めずパートナーや友人などに相談して悩みを解消していけば、不安を乗り越えられます。

自分自身が不安になるようなことをしないことも重要で、赤ちゃんのためにきちんと生活していると考えれば大丈夫でしょう。

飲酒や喫煙を避けるなど、日常生活で決められたことに不安を感じますが、きちんと守っていれば赤ちゃんも健やかに生まれるので、まずはお母さんが不安にならないことでしょう。
妊娠してからも、楽しいことに集中していれば不安は和らぎ、流産のことを考えないようにしていればいいでしょう。