35歳からの出産ならの葉酸の摂取を!

ベビ待ち

35歳からの出産のリスクを防ぐ葉酸とは?

ベビ待ちの方必須の葉酸とは?

35歳からの出産のリスクの原因

ベビ待ち

35歳の出産には様々なリスクがあります。 しかし、それを防ぐ方法があります。それは葉酸を摂取することです。

葉酸は高齢出産だけではなく出産・ベビ待ちの全ての女性に葉酸を摂取することを国の厚生労働省で葉酸サプリで摂取することが推奨されています。

葉酸サプリはこちら→http://xn--lab-g73b1ca4z9ngkqgq341gfc7a.net/ しかし、なぜ葉酸が35歳からの出産のリスクを軽減するのでしょうか?

35歳からの出産のリスクはどのようなことがあるのか、

またなぜ葉酸をベビ待ち〜妊娠初期まで摂取した方が良いのを詳しく説明いたします。

卵子の数は減る一方

女性は母親のお腹の中にいる間、つまり、胎児の時、既に卵巣内に、卵子のもとになる細胞を持っています。

妊娠16〜20週頃のピーク時には胎児の卵巣には600万〜700万個の原始卵胞があります。

赤ちゃんは月経がないので、原始卵胞は体内で"冬眠状態"に入りますが、その間もだんだん減って、初経を迎えるには、30万個程度まで減ってしまいます。


増えることは決してありません。
生殖可能な時期に成熟して卵子となるのは、300万個のうちごくわずかです。

なぜなら、月経で排卵される卵子の数は1回につき1個。 同時期に複数の卵子が成長しますが、その中で最も発育状態の良いもののみが、排卵されるからです。

例えば、12歳で初経を迎えて1回出産し、55歳で閉経する人の場合、月経数は500個になります。

やがで卵巣の中に原始卵胞が全てなくなると、閉経を迎えます。日本女性の閉経の平均年数は49.47歳で、ほとんどの女性が50歳の前後5年間の間の閉経を迎えます。

卵子を一緒に歳をとる

少し、難しいかもしれませんが、排卵前の卵子は、"第1減数分裂の前期"の状態まで進んでいきます。

排卵されるまでの間、ずっとそのままで卵巣の中で守られているわけです。

これは細胞分裂を休止した状態であるので通常は細胞内で起こっている"修正プロセス"が卵子では行われません。


また、卵巣の中にある時の大きさは約0.1mと小さいのでsが、排卵される前には、ホルモンの働きによってなんと2cmほど大きく育ちます。

ですから、卵子は体内でも特別寿命が長い、大きな細胞ということわかるとおもいます。
そのため35歳になるにあたって加齢になり、卵子自体にダメージが生じる可能性が高いことが考えられます。

つまり、20歳の女性の卵子は20歳、40歳の女性の卵子は40歳と言えるように、卵子も一緒に歳をとるということです。

卵子の質が低下すると、着床しなくなり、不妊の原因になります。

女性ホルモンの減少で毎月排卵しない可能性も!

ホルモンとは、幾つかの臓器から血液中に分泌される科学物質を指します。

主に、脳下垂体、甲状腺、副腎、卵巣、精巣などから分泌され、その種類は約40種類あります。

ホルモンは生命の維持、新陳代謝の促進、感情のコントロールなど、様々な役割を果たしましが、一生の間に分泌される量は全て合わせても、スプーンに2〜3杯程度

微量にもかかわらず、多すぎても少なすぎても体のどこかに影響を及ぼします。

とにか女性にとては妊娠・出産・授乳などはホルモンがあってこそ可能になります。

卵巣から分泌されるエストロゲン・プロゲステロン(黄体ホルモン)などは女性ホルモンと呼ばれ、排卵・月経といった生殖機能の働きをスムーズに行い、25日から28日の生理周期で増減を繰り返します。

20歳〜30代にかけて女性ホルモンの分泌はピークに達し、そのバランスも安定しますが、だいたい35歳から年齢とともに次第に減少し、個人差がありますが、45歳あたりから急激に下降線を辿ります。

ホルモンの分泌が減ると、排卵する回数も減るので、月経が毎月あっても、必ず排卵しているとは限らなくなります。

無排卵月経の回数が増えるほど、妊娠する確率が低くなりベビ待ちの期間が長くなります。

参考サイト→妊娠したい

 

葉酸で卵子の若返りは可能なのか?生殖機能を活発化させる秘密とは?

葉酸サプリが老化の進行を食い止め、若返りの効果もあると聞いたことはありませんか?


葉酸は、不妊で悩む方や、妊娠中の女性にだけ効果があるものなんじゃないの?

と、思っている方は、おそらく多いと思われます。

今回は、葉酸と若返りの関係についてまとめましたので紹介したいと思います。

血管の老化を進行させるホモシステインを減らす働きがある葉酸

まず、葉酸の効果のひとつとして、血管に有害なホモシステインという物質を減らしてくれる働きがあります。

この、ホモシステインですが、実は、アミノ酸の一種。

体外から摂取した栄養素が肝臓に届くとタンパク質が複数のアミノ酸に分解されます。

この時に、他の人体には影響のない、アミノ酸と一緒にホモシステインに変化するのです。

ホモシステインは、肝臓から血液中に送られますが、血液中に送られたホモシステインは、血管の壁を傷つけコレステロールなどと結合してしまうため、結果的にホモシステインが増えると最悪の場合は、動脈硬化を引き起こしてしまうこともあります。

このホモシステインの働きを無毒化する栄養素のひとつに葉酸があります。

葉酸は、貧血気味になりやすい妊娠中のママのために、新しい赤血球などを作る働きもあり、貧血予防と血液の流れをスムーズにする効果があるのです。

血液の流れが滞ると、赤ちゃんの成長に必要な栄養素も届けにくい状態となってしまうため、この葉酸の摂取は血液の若返りという意味では、ある意味、必須となる部分があります。

血液サラサラ効果で代謝アップ!生殖機能の若返りにも効果あり!

葉酸は、新しい血液を作り、血の巡りを悪くする物質の働きを抑える効果もあるのですが、実は、これが、生殖機能の若返りにも効果があったのです。

血の巡りが良くなるということは、代謝がアップするということですよね?

不妊でお悩みの方で多いのが、血行不良などが原因で生殖機能が衰えているという点。

血液には、食事などから摂取した体に良い豊富な栄養素がたくさん含まれているため、血の巡りが悪くなると、体全体に栄養素を届けにくくなるというデメリットが生まれます。

すると、卵巣やその他の臓器に十分な栄養素が届かずに、本来の機能の働きを弱めてしまうのです。
卵巣機能の場合ですと、排卵障害や正常な細胞分裂が上手くいかない、着床しにくいといった弊害があります。
そのような悩みを解消するのが葉酸となります。

葉酸の血の巡りをスムーズにさせる効果で、体全体に栄養素をたくさん届けてあげるのです。
たくさん栄養素をもらった生殖機能やその他の臓器は、本来の元気を取り戻し、正常な働きができるようになります。 血の巡りは年齢を重ねるごとにホモシステインが増えやすくなり、活性酸素も体内に蓄積しやすくなるため、葉酸の働きで、ホモシステインの減少と活性酸素の除去をしましょう。

葉酸で若返りを目指すならベルタ葉酸サプリから

不妊や妊娠中の方は、まず、1日400μgの葉酸摂取が大切になります。

これを食事から摂取しようとなると意外と大変な作業になります。

葉酸は水溶性のビタミンB群の一種であるため、熱に弱いという弱点があり、葉酸が豊富に含まれている食材というのも限られています。

毎日、同じ食材を食べても飽きがくることとなり、ストレスで逆に生殖機能の働きを弱めてしまう可能性もあるため、葉酸の場合はサプリメントから摂取したほうが管理も楽になるでしょう。

BELTAの場合は、葉酸とともに赤血球を作りだし、良質な血液を作るビタミンB12など、不妊や妊娠中に必要なビタミン13種類、妊娠に必要な女性ホルモンの分泌を正常に促し、卵巣機能の活発化、若返りにも効果の期待できる、亜鉛などを含むミネラル14種類が含まれています。

血行不良などの冷えにより、赤ちゃんが出来にくい体質となっている可能性もありますので、そのような方にも、大変おすすめです。

最近の投稿